お気に入りのシャーペン「GRAPH 1000」

私が普段、絵のラフを描く時に使っている画材はいくつかあるのですが、その中でも長年に渡って使っているものがぺんてるの「GRAPH 1000 for pro 0.3」です。

握り感

程よい細さでありながら、握る部分のゴムでしっかり握れます。

重さ

程よい重さと言うべきでしょうか。重すぎず、軽すぎない。指が疲れません。

シャー芯詰まり

本体の構造も複雑ではないので、シャー芯が詰まるということもほとんどなく、気持ちよく線を引くことができるのでとてもおすすめです。

芯サイズの種類

このシリーズの芯は大きい順に、●0.9 ●0.7 ●0.5 ●0.4 ●0.3と豊富にあるようですので、自分にあったものも選べるといいですね。

描き心地

ペン先が細いので、描く時に芯先がよく見えます。そのため、細かい部分でもストレスなく描き込めます。
この描き心地が一番良いと感じているので、私はこのシャーペンを使い続けているのだと思いますね(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください