【グーグルホームミニ】と【ドットエコー】をリビングと作業部屋に置いて使ってみた感想

こんにちは、ガジェッターrenkomaです。

AI、来てますね。

今の時代、AIですよ。

AIの完成形は皆さんよくご存知の「ドラえもん」なわけですが、今の時代ではまだまだドラえもんは作れない。

がしかし、もはやドラえもんの赤ちゃんと言われるものは存在します。

それが「スマートスピーカー」と言われるものなんです。

https://renkoma.com/wp-content/uploads/2019/04/siteicon2-150.jpgrenkoma

今回はスマートスピーカーの代表格「グーグルホームミニ」と「ドットエコー」の使用感を書いちゃうよ。

グーグルホームミニとアレクサを導入して1年の使用感

まずはスマートスピーカーってなんなのかってところからですね。

スピーカーという名前からして、見た目は小さなスピーカーなのですが、話しかけることにより、会話形式で応答して動作してくれるちょっと未来っぽいスピーカーなのです。

ドラえもんの脳と口が先んじてちょっと出来たので世に出してみました。といったところでしょう。

グーグルホームミニはかの有名な「Google」から発売されているスマートスピーカーで、Googleでの検索、連携、音楽の再生、You Tubeの再生などが可能です。

ドットエコーの方もこれまた有名な「Amazon」から発売されているスマートスピーカーです。こちらはAmazonサービスと連携して色々できるよっていうやつです。

グーグルホームミニはリビングに配置して1年。

アレクサは作業部屋に配置して半年ほど使用してみました。

最初は両方とも同じスマートスピーカーなのだから、そこまで大きな違いはないんじゃないかな。と思っていたのですが、実際に使ってみるとそうでもないみたい。

本体のみの性能としては、それぞれ得意とするところがちょっとずつ違うような気がします。

グーグルホームミニは簡単な検索や日常での簡単なサポートが得意で、自社のグーグルネットワークを最大限に利用して、調べ物に強い感じがあります。
家での立ち位置は、調べ物やタイマー、予定などを楽に聞ける物知りな執事みたいな存在となっています。

ドットエコーはAmazonサービスのプライムミュージックとの相性を強めている感じ。本体にはちゃっかりウーファーとかついてて、サイズの割にメチャクチャ音質が良い。家の立ち位置で言えば、重低音の効いた音楽を提供してくれるオシャレな配達人でしょうか。イメージです。イメージ。

どちらも検索はできるし、音楽も流せる。けども、やはり各社の性質がこのスマートスピーカーにも反映されているなぁと思いました。

どちらが良いとかいう話にはならないのですが、どちらを買おうか迷っているという人がいれば、もうちょっと分かりやすくイメージできるように紹介してみましょう。

それぞれ単体での得意とするところだけをとって考えてみましょう。

わたしの場合、リビングにグーグルホームミニ。作業部屋にエコードットを置いています。

基本的にパソコンを置いておらず、テレビやゲーム、料理やご飯で手が空いていないシチュエーションの多いリビングでは、調べ物に強いグーグルホームミニが結構役立ちます。そういえば、あの言葉の意味ってなんだっけ。みたいなふとした考えも、グーグルホームに聞いてみるだけで、ウィキペディアとかから軽く引用して教えてくれます。

エコードットは検索にGoogleを使っていないような気がしなくもないのですが、実際はどうなんでしょう。検索はGoogle推しのわたしなので、少し偏見入っているかもしれません。

作業場では調べ物はパソコンですぐ調べられるので、音の良い音楽を気軽に流せるエコードットがあると楽しみが増えるというもの。エコードットの調べ物機能はちょくちょく未発達感を否めない感じがありますので、あまり使っていません。使い方が悪いのかなぁ。

どっちかで悩んでいる人は、どんなシチュエーションでの利用がメインになるのかを考えると決めやすいと思います。

https://renkoma.com/wp-content/uploads/2019/04/siteicon2-150.jpgrenkoma

と、ここまでスマートスピーカー単体の話をしてきましたが、彼らの本領はそこではありません。

というのも、彼らはもともと、「家電と連携させる」ことでその力を発揮することができるようになるのです。

どういうことかというと、たとえばスマートスピーカーとテレビ・電気を連携させると、「テレビをつけて」や「電気をつけて」という「声」で家電を操作できるようになるのです。

なんなら、スマートコントローラー(中継機みたいなもの)を経由して「おはよう」というと、テレビ、電気、コーヒーメーカーなんかを同時に起動してくれる設定とかも出来ます。

すごない?

https://renkoma.com/wp-content/uploads/2019/04/siteicon2-150.jpgrenkoma

とは言っても、私の家にはまだ未導入なので、実際にはまだ体験していないのです。この記事を書きながら、そういえばそっちの機能が本命だったよなと思い出したくらい使いこなせていないのです。

もちろん、連携できる家電、できない家電はあるのでその都度確認は必要なのですが、今は中継機なるものも出てきているので、スマートルーム化した未来もわりかし近くまで来ているようです。

せっかくなので、どのスマートコントローラーを買おうかなぁと調べた結果、Natureの「Nature Remo mini (第二世代)」をポチりました。

家に来て設定したら、使用感とかを紹介しようと思います。

NATURE Nature Remo mini [REMO2W1] 家電コントローラー[ネイチャーリモミニ スマートリモコン テレビ]
created by Rinker

まぁ、こんな感じでスマートスピーカーの雑感といったところでした。

それではまた!

【50%OFF】Google Home Mini チョーク(グーグル ホーム ミニ チョーク)
created by Rinker

LiveSmart(リブスマート) LS Mini 第2世代 スマートホームコントローラー
created by Rinker
https://renkoma.com/wp-content/uploads/2019/04/siteicon2-150.jpgrenkoma

TwitterInstagramYou Tubeもやっていますので、ぜひフォローよろしくおねがいします!