にくのひイラストのにく子ちゃんのメイキングを記録してみる

第二回メイキングをやっていきます。
今回は11月29日、いい肉の日ということで描いたイラストのメイキングとなります。
シンプルなイラストという形で制作していましたので、難しいステップは特にないと思います。
それでは始めましょう

①まずはラフですね。ここでは女の子が肉を丸かじりして美味しそうに頬張っているイラストをイメージしてラフを描きます。右手にステーキのプレートを持たせて、左手には肉に刺したフォークを握らせています。
表情は少し漫画チックな記号的な表情にしてみました。

②ラフが出来たらイメージを固めていくために詳細を詰めていきます。まずは各要素の形を整えます。
画面の描写領域と空白領域が8:2になるとバランスが良さそうだったので、シルエットを調整しながらバランスも整えていきます。

③それぞれの要素が固まったので細かい調整を行います。
ここでは左手の要素やナイフの追加をしていますね。肉を切ったナイフはどこへ行ったのかと勝手に疑問に思って追加した気がします。フォークでも肉をさばける女の子というキャラクターにするのもありですが、そこは現実的にフォークを追加してわかり易さを取りました。

④大体の形が出来たので、色を載せていきます。今回は色をラフの下に新規レイヤーを追加してつけていきました。ラフの時点で消しゴムで消したと思っていた所が白で塗っていたとか分かって軽くやる気を無くしますが、ラフの上から色を塗るので、その白も活かしてやるかという感じで進めます。各要素のベース色を追加しました。大体何があるか分かる感じになったと思います。

⑤各要素の詳細を描いていきます。肉汁のテカリも追加して、肉のきらめき感もアップです。肉はミディアム感が出て美味しそうに見える様に意識しました。表面がちょっと黒すぎるのでもう少し薄めれば良かったかなと今は感じています。

⑥さらに詳細を詰めていきます。ラフ線が残っていた所を綺麗にしていますね。表情にも少し手を入れて美味しそうに食べている様にしてみました。

⑦仕上げに向けて背景に簡単なグラデを入れて、適当に「にくのひ」という文字を入れました。
ゆるさが出ていいのではないでしょうか。(にくのひのテキストを打つのが面倒くさくなった)
仕上げに加筆や色補正を加えて完成です。

 

今回は落書き感覚で描けたので、ラフから一気に完成まで持っていきました。
落書きは一つ一つに時間を必要としないので、気軽に描けるので楽しいですね。
完成して投稿してから公開したのが、胸の部分に肉汁を垂らし忘れていたことでしょうか。できれば垂らしたかったですが、健全的な感じなので良しとしましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました!
それでは次回のメイキング回にお会いしましょう!

保存保存

保存保存

保存保存

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください