【G13】renkomaのイラスト制作用G13ショートカットキーを紹介するぞい

https://renkoma.com/wp-content/uploads/2019/04/siteicon2-150.jpg
renkoma

みなさんこんにちは、ガジェッターrenkomaです。

みなさん絵を描く時に「左手デバイス」を使っていますか?

左手デバイスは結構いろんな会社が出していて、私はロジクール社の「G13」をもう5年ほど愛用しています。

左手デバイスというのは、左手用のキーボード配列をまとめたガジェットなのですが、それぞれのボタンにキーやショートカットを割り振ることができるため、作業の効率化を促進してくれる効果があります。

https://renkoma.com/wp-content/uploads/2019/04/siteicon2-150.jpg
renkoma

もともとはPCゲーム用に作られているのですが、その利便性をお絵かき作業に応用することで、絵描き界隈で広まったデバイスシリーズですね。

お絵かきの左手デバイスとして割と広まっているのが「G13」です。

※注意

g13の元値は7000円台なのですが、今はめっちゃ高額になっているみたいです。razerとか色んな会社からも出ているので、もし今から買おうと考えている方は、そこら辺から自分に合ったものを買うと良いかもです。

圧倒的利便性左手デバイス「ロジクール G13」

22個のキーと360°スティック(割当は上下左右の4つ)、2個のサブボタンに加えて、それらの設定を保存し切り替えられるボタンが3つあります。

https://renkoma.com/wp-content/uploads/2019/04/siteicon2-150.jpg
renkoma

ガチで使う人はおそらく84のショートカットを使いこなせる事になるのですが、私はまだそのレベルまで達していませんね。

世に出てから十年近くは経っているのではないでしょうか。

しかし、その性能は今も健在。利便性高すぎガジェットです。

その仕事のパートナーとも言える「G13」のrenkoma式ショートカットキーを公開したいと思います。

renkoma式 G13 ショートカット割り当てを紹介するよ

早速ですが、設定は下記画像のような感じです。

大体の人は近い配列になっているのかな?

G1  半角/全角 これはキーボードまで手を伸ばしたくないので設定しています。小指で押せますね。
G2ctrl + U色相・彩度の変更をよく使っています。
G3ブラシブラシのショートカットを配置しています。
G4自動選択photoshopならWです
G5消しゴム
G6回転
G7 消しゴム
G8tabタスク切り替えで何かと使うので設定しています。
G9ブラシモード【覆い焼きカラー 】ラフとかで使います
G10 ブラシサイズ変更 –すばやく正確にブラシサイズを変更できます。
G11ブラシサイズ変更+同上
G12DD15のshiftと組み合わせて選択範囲を解除です。
G13なげなわツールphotoshop設定にてBに設定しています。キーボード時代の名残です。
G14G塗りつぶしツール
G15shiftこれは必須
G16ブラシモード【通常 】ラフとかで使います
G17Xctrlと組み合わせで切り取り
G18C ctrlと組み合わせでコピー
G19V ctrlと組み合わせで貼り付け
G20ctrlこれは必須
G21altこれも必須
G22スペース手のひらツールとか
ctrl+Z戻るボタンが親指でできるのが革命ポイントですね。
ctrl+shift+Z 進む
Enterエンターを左手でできるので、キーボードに右手を伸ばさなくて良いのはかなりの効率化に繋がります。
混合ブラシたまに使います
左サブボタン 選択範囲ツールshiftと組み合わせると四角と丸を切り替えられます。
下サブボタン多角形選択ツールあると便利

私の作業環境ではこんな感じのショートカット配置をしています。

キーボードに複数のキーを同時に押すショートカットを割り振れるので、キーボードに両手を伸ばすという動作を省けるのがめちゃくちゃ楽ですね。

エンターのたびにペンやマウスから手を離す必要もなくなり、無駄が省けます。

https://renkoma.com/wp-content/uploads/2019/04/siteicon2-150.jpg
renkoma

何より腕が疲れない!

どうでしょうか

G13のキー配置に悩んでいる方の参考になればと思います。

それではまた!